人生100年時代三大資金と住宅ローンについて

人生100年時代三大資金 不動産の購入
家を買うためのライフプランニング・人生100年時代・三大資金と住宅ローンについて

今日は人生の三大資金についてお話ししたいと思います。

その三大資金とは、子供の教育資金、住宅資金、老後資金の3つをいいます。

老後が心配、家を建てたいけど資金が心配、子供の進学費用が心配などのご相談が多い内容です。

その中でポイントをお話ししたいと思います。

人生100年時代三大資金教育費

お子さんがいらっしゃらないご家庭もありますけど、まずは教育費からはじめますね

子供さんがうまれたら、進学先にもよるんですけども大学まで考える場合は

国公立だった場合も含めて、大体一人につき1000万円位かかると思ってください

私立の場合はもちろん、もっとかかりますよね。

皆様からご相談いただく内容で「親の務めとして 何をしておけばいいの」のご質問で私はまず最低限これくらいからはじめてもらうことがいいとお伝えをしているのは児童手当の制度を利用して支給額を貯めていく ということです。

0歳から中学校終了までの期間、仮にこつこつと積み立てるとほぼ200万円になります

ここはせめて親の勤めとして、大学入学までに200万円貯めておくという事を

 ファイナンシャルプランナーとしてお勧めしています。

ため方は貯蓄する学資保険で貯めるなど他にもいろいろあると思いますが

そのご家庭によって保険に加入した方がいいご家庭と貯蓄にした方がいいご家庭

とさまざまいらっしゃると思いますのでご相談ください。

人生100年時代三大資金住宅資金

次に住宅資金ですが、これは私どもに非常にご相談が多い内容です。

私どもの担当している大阪エリアは大都市のため戸建てマンションを含め

マイホームを購入したい方の絶対数が多いのでマイホームを買いたいんだけど

大丈夫かな?というご相談をとてもたくさんいただいております。

住宅資金に関しては住宅ローンを組むのに頭金を入れるか入れないかとか

住宅ローンを固定金利にするとか変動金利にするとか借り入れは何年くらいとか

共有名義にするのかなど、いろいろな選択肢があります。

中には持ち家にせずに 賃貸住まいにするとかもありますけど、結局、住宅に関しては結構な高額なお金が一生の中で関わっていきますので、これもその方の価値観やお金のプランによって、どういうふうにしていったほうがいいかという事を一緒に考えていくことが ファイナンシャルプランナーの役割です。

住宅を買ってしまってそのあと住宅ローンが返せなくて大変というご相談とかいただくこともありますが、一度買った家を手放すということはデメリットがおおいので

ので、できればお家を買おうかなと思った段階でご相談いただける方がいいと思います。

人生100年時代三大資金老後資金

そして最後の老後資金です。

これはどなたでも必ず必要になってくるものですよね。

老後は思ったより長いです。しかも老後は必ずやってきますよね。

そしてこの三大資金の1つである「 老後資金」については、唯一、借り入れができないんですね。

そのほかの2つ、教育ローンや住宅ローンはあるのは、それは働いている間だから銀行が貸してくれるので、もし手元にお金がなくてもローンを借りて返していくということができるのですけども、老後資金は定年退職後に必要になるお金ですので、そのときになって「お金がないので貸して」 と言っても貸してくれません。

人生100年時代老後2000万円問題

なのでこれは自分で用意しておかないといけない一番大切なところですよね

少し前に老後2000万円問題が話題になりましたけれども、それぞれのライフスタイルによりますので2000万円がみんなが必要かと言うとそうではないんですけどね。

その方のスタイルによって無理なく貯蓄をしていける方なのか、少し無理をしてでも

貯めていかないといけない方なのかなど、いろんな方がたくさんいらっしゃいますが

どちらにしても老後資金は何かしら準備していかないといけないので、その方に合った老後資金のため方というのがポイントになります。

そして、今ためるお話しでしたけど、実は貯めるだけじゃなくて増やしていく方法もあります。

増やすという感覚も持って老後資金については考えていくのがポイントになります。

この金利が低い時代で増やせるの?って思う方がいらっしゃるかと思いますが

老後を迎えるまでに10年20年と期間が長ければ増やすという方法もありますので

考えてみられてはいかがでしょうか。

人生100年時代ご質問の事例

「住宅ローン」等についてのご質問

続きまして「住宅ローン」についてよくいただく質問をまとめてみました。
今後の参考にしていただけましたら幸いです

自己資金が少ないのですが、購入できますか?というご質問内容です。
最低でも準備したい自己資金は、諸費用ですね。


住宅ローンは物件価格の90%程度、つまり10%以上の頭金を入れることが理想ですが、金融機関によっては、100%のローンや諸費用ローン等の利用ができる場合もあります。

ローンの借入額についての上限の目安は、年収の7倍ぐらいまでいけるのですか?というご質問内容です。


購入する物件の価格は、返済比率で決まります。一般的には年収の25%ぐらいが理想とされていますが上限は35%くらいまで、年収が700万円以上など、ある一定以上の収入になると上限40%まで融資してくれる金融機関もあります。


借入額が年収の5倍程度以内におさまれば理想とされていますが、昨今の超低金利を利用すれば、自己資金や親からの贈与などで頭金が多くある方は年収の7倍以上の価格の物件でも十分購入可能だといえます。

勤続年数短くても住宅ローンは組めますか?

勤続1年未満ですが住宅ローンは組めますか?

というご質問内容です。
金融機関により異なりますが、原則1年以上の継続した勤務が必要です。

ただし、見込年収という形で審査する場合もありますので、勤続年数の短い方も一度GOODのエージェントにご相談ください。

転職したてでも住宅ローンは組めますか?

最近転職をしましたが、住宅ローンの利用は厳しいのでしょうか?

というご質問内容です。

各金融機関によって審査の基準は異なりますが、勤続1年以上が借りられる目安となります。
それより短い場合でも借りられる場合もありますので、GOODのエージェントにご相談ください。

車のローンがあります。住宅ローンを借りることはできますか?

というご質問内容です。

車などのローンがある場合、そのローンの毎月の返済額を考慮に入れて、住宅ローンの月々の支払いが可能かどうかの審査が行なわれます。
マイカーローン、その他の借入が多い場合には、住宅ローンの借入可能額もかなり減ることになりますので、ご不安な方はグッドコーポレーションのエージェントにご相談ください。

購入時の諸費用はどのくらいかかりますか?

売買代金以外にかかる諸費用としては、印紙税、登録免許税、不動産取得税等の税金や、仲介手数料、ローンを利用する場合の事務手数料、保証料、保険料などがあります。
一般的に売買代金の6%~9%ほどかかりますので、あらかじめ準備が必要です。
マンションや戸建て等の種別、購入する物件の築年数や、借入金額で諸費用は変わってきます。

金利は安ければ安いほどいい?

というご質問内容です。
金利が低いということだけで判断してはいけません。
金利が低くても、その他の費用として保証料や手数料が割高であったりします。金利には全期間固定型・固定期間選択型・変動型の3タイプがあります。
どの金利プランが自分の収入や人生設計に合っているのか、総合的なコストを考えた上での借り入れを考えましょう。

元利均等返済と元金均等返済の違いは?というご質問内容です。

元利均等返済は毎月のご返済金額(元金+利息)が一定で返済計画が立てやすい返済方法のことです。
また、それに対して、元金均等返済は毎月のご返済する元金が一定ですが、元利均等返済よりも当初のご返済額が多く、必要な月収金額の条件が厳しくなります。

フラット35とは何ですか?というご質問内容です。

民間金融機関と住宅金融支援機構の提携による、長期固定金利の住宅ローンです。
返済期間が20~35年と長期であること、保証料が不要であること、また繰上げ返済手数料が不要であるなどの特徴があります。
その他お気軽にグッドコーポレーションの不動産エージェントまでご相談ください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

大阪不動産のことならグッドコーポレーションへ

仲介手数料最大無料!茨木市・高槻市・吹田市・摂津市の北摂不動産情報はグッドコーポレーション


仲介手数料半額!茨木市・高槻市・吹田市・摂津市の不動産売却・マンション売却はグッドコーポレーション


中古マンション売却相場価格・買取価格を瞬間査定!茨木市・高槻市・吹田市・摂津市北摂マンションカタログ

お客様が家探しで抱える不安疑問を解決するためにGOODの不動産エージェントが全力でサポートいたします。

不動産エージェントにより損をしない不動産の購入方法や売却方法をわかりやすく説明して、安心・安全にご購入、ご売却を行っていただき豊かな暮らしを手に入れていただくための動画サイトです。

タイトルとURLをコピーしました