中古物件を購入してリノベーション!リノベーションのメリット・デメリット

リノベーション メリット デメリット リフォーム・リノベーション

最近では、中古の家やマンションをリノベーションする人が増加してきています。その背景には、「再生・再利用」のスタンスと、中古物件の増加に伴い住み替え・建て替えのタイミングがきていることが挙げられます。リノベーションについて具体例を挙げて知ることで、ご自身の選択の役立てて下さい。

大阪で不動産の売却・購入をご検討の方、また中古を買ってリノベーションする事にご興味のある方は、不動産エージェント制のグッドコーポレーションに、お気軽にご相談ください。

リノベーションとリフォームの違いとは?

リノベーションとリフォームの違いをご存知でしたか?まずは、リノベーションとリフォームについてどのような違いが見られるかをご案内します。

リノベーションとは

リノベーションとは、築年数が経過した物件や老朽化している物件を修復し、価値を増価させたり機能性を加える住宅工事のことです。築年数が経過した物件でもリノベーションを実施することで、外観を新築同様にすることもできます。

リフォームとは

リフォームとは新築の状態に復旧ことを言います。壁紙(クロス)を張り換えたり、キッチンを新品に取り替えたりなど部分的に工事を行うこともリフォームといいます。リノベーションが新しく資産価値を加えていくものに対して、リフォームは失った資産価値を元の状態に戻すことです。

リノベーションのメリット

リノベーションのメリットを説明していきます。

メリット①自由に設計できる

自由に設計できる既存のマンションや建売住宅は、どれも同じような間取りやデザインで、内装や設備の面でいらないものがあったり、足りてなかったりすることがあげられます。しかし、リノベーションでは、部屋数や配置を変えることができます。
小さな部屋をたくさん作ってもいいし、寝室を一つ作って残りはワンルームだったとしてもいいですね。また、お風呂を広くしたり場所を変更したり、防音室を作ったりするなど、いろんな設計が可能です。
マンションの場合も、デザイナーズマンションのようにお洒落な間取りに変更することもできます。

メリット②選ぶ物件の選択肢が増える

希望の地域で新築の物件を探しても、希望の間取りの物件を見つけるのは難しいですよね。
注文住宅を建てる場合は、ある程度の費用が掛かかるため予算の都合上、妥協しないといけない
点もあることでしょう。その点、中古物件をリノベーションすることであれば、地域や
価格帯の選択肢が広がっていきます。

内装が古いことを気にせず、広さや立地を考えに含めるだけで大丈夫だから、対象の物件数もかなり増えるでしょう。

メリット③新築住宅よりも費用を低く抑えられる

希望の条件で新築住宅を購入する場合、3,500円から4,500万円くらいが平均価格帯であると言えます。注文住宅になると、4,000万円から5,000万円が相場と言えることになります。
ですが、中古物件をリノベーションする場合では、費用は20~30%減らすことができると言われています。築20年以上の中古物件の場合、2,000万円から2,500万円で購入し、700万円から1,200万円の
リノベーション費用がかかっても、新築より安くなりお得です。

メリット④住宅の資産価値を上げられる

新築の住宅の場合、10年経過するとその住宅の価値は50%下がると言われています。
15年~20年経過すると建物の資産価値はほとんどゼロに近くなくなってしまいます。
もしも、住宅が経年劣化してきたら、リノベーションによって資産価値を戻すことが可能です。

リノベーションのデメリット

リノベーションのメリットはかなり魅力的ですし、中古物件が増えている今だから
リノベーションは人気があります。
けれども、リノベーションにはデメリットもあります。デメリットも押さえたうえで住宅の
購入を検討することで後に悔しい思いをする可能性も下げることができます。

デメリット①耐久性の不安

中古の住宅の場合、築年数や地域によっては、住宅自体の耐久性に問題があるケースがあります。耐震基準の大幅な改正がなされた1981年6月以前に確認確認を受けた住宅は、耐震基準を満たしていないケースもあります。

そういった場合、耐震診断を受けたり必要な耐震補強をしたりしなければいけません。
けれどもマンションの場合は、管理組合が大規模修繕工事をおこなうことが求められるので、
耐震検査を個人で受けることは出来ません。
中古マンションを買ってリノベーションする場合には、1981年6月以降の新耐震基準で建てられた
もの
か、耐震基準がクリアーされているマンションを選ぶことをオススメします。

デメリット② 住むまでに時間がかかる

新築物件であれば、購入後すぐに入居が可能です。しかし、リノベーションの場合は、
中古物件を購入してからリノベーション工事がスタートします。
工期は4か月から6か月を目安としておくと良いかもしれません。
その間は仮住まいを探さなければならないため、家賃が発生することも予定して
おかなくてはなりません。
あらかじめ計画を立てておいた方が良いでしょう。

デメリット③室内を解体してみないとわからない

中古住宅で築年数が分かったとしても、床や天井をはぐってみると、思った以上に傷んでいたり、柱が足りてなかったりするなど驚くような瑕疵(かし)が出てくるケースがあります。
このような場合には、当初のプランどおりにいかないため、時間と経費が余分にかかることだってあります。時間と費用に余裕を持つことが必要ですね。

リノベーションの場合の住宅ローンは?

リノベーションのメリットとデメリットを理解したうえで、中古物件を購入してリノベーションをする場合、費用の準備は住宅ローンを借りることが考えられます。しかし、中古物件を購入してリノベーションをするとき、一般の住宅ローンは利用できません。

銀行の融資には、担保物件の査定がありますから、査定によっては融資額が少なくなることが考えられます。物件の購入価格と融資額に差が出ることもあるのでお気をつけ下さい。

また、リノベーション費用については、リフォームローンを借りることができます。一般の住宅ローンよりは金利がアップしますが、これも条件を満たせば、住宅ローン減税を受けることができます。

なお、グッドコーポレーションのリノベーション仲介システムでは住宅ローンと同じ金利でリノベーション費用や家具・家電の購入費用までもお借り入れが可能です。

詳しくはおたずねください。

中古物件の購入の場合、住宅ローン控除を受けるために主に次の要件を満たす必要があります。

●自ら居住すること
●床面積が50㎡以上であること
●マンションなど耐火構造の住宅の場合は、築25年以内であること
●木造住宅の場合築20年以内であること
●耐震構造を有していること
●借入金の償還期間が10年以上であること
●合計所得金額が3000万円以内であること
●増改築等の場合、工事費が100万円以上であること

中古物件であっても、リノベーション費用は住宅ローン減税の対象になります。
住宅ローン減税は、「残金の1%を10年間、所得税(少ない場合には住民税からも)控除を受けられる」というものになります。
納める税金以上は戻ってきませんが、所得税から年間40~50万円も控除してもらえると住宅ローンの返済も助かりますよね。

リノベーションのメリット・デメリットまとめ

中古住宅のリノベーションには、さまざまなメリットやデメリットがあると言えます。
また住宅ローンについては、借りられるものと借りられないものがありました。
それを加味した上で、中古物件のリノベーションは、魅力的な住宅購入方法であるといえるでしょう。
まずは、専門業者に相談して、返済計画まで見据えた住宅取得計画を立てることをおススメします。

グッドコーポレーションのリノベーション仲介システムでは住宅ローンと同じ金利でリノベーション費用や家具・家電の購入費用までもお借り入れが可能です。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却に関しましては、【北摂不動産売却なび】をご活用ください。
グッドコーポレーション株式会社では、不動産無料相談を受け付けています

月・火・木・金・土・日 10:00~18:00 

―――  相談事例
・一戸建てに一人暮らしで管理が大変…
・運転免許を返納して、便利な場所に引越ししたい…
・お子様の進学に伴い希望の学校の校区で家を探したい…
・持ち家を売却して、賃貸へ引越しを考えている
・所有物件の空室に入居者を探してほしい。
・リフォームを考えているけど、どこに頼めばいい?

不動産に関することなら何でもご相談にのります!
小さなことでもお気軽にご相談下さい。
                   

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_//_/_/_/_/_/_/

大阪北摂のリノベ済・中古マンション・不動産情報探すなら【グッドコーポレーション株式会社】

〒567-0861
大阪府茨木市東奈良3丁目15番23号
営業時間/10:00~18:00
定休日/水曜日(水曜日も相談に応じて承っております。)

フリーコール0800-888-5521
TEL/072-637-6308 FAX/072-638-5779
E-mail/info@a-fudousanya.com
【すべてはお客様の笑顔のために】

北摂不動産売却なび :https://a-baibai.com/
不動産検索HP   :https://www.a-fudousanya.com/
サクッと内見    :https://www.youtube.com/channel/UCEX829EvRbAZh1OcQLXDGAA
不動産エージェント :https://anshinmyhome.com/
賃貸不動産検索HP  : https://www.a-oheya.com/

タイトルとURLをコピーしました