image01
image02
さて希望の物件がみつかり、いよいよ購入の手続きへと進みますが、購入する物件が中古住宅の場合、建築されてから年数が経っているので
劣化している箇所がある場合があります。そんな時でも専門家である「ホームインスペクター」が建築のプロの目線で購入予定の物件を調査して、劣化の状態を購入者であるあなたに報告してくれるのです。
image03
image04

中古住宅は劣化の箇所によって時間とともに痛みが大きくなる場合があります。素人では確認できない箇所の現状を専門家の立場で調査し、問題のない箇所、軽微な補修で対応できる箇所、修繕費がかさむ箇所など詳細な状況をわかりやすく報告してくれるので安心の取引が可能となります。
image05


中古住宅の耐震についてご不安のお客様におすすめ!

大阪府では中古住宅の耐震の補助金の交付制度があり、グッドではご利用をお薦めしております。

image06
※上記の補助金は平成27年5月26日時点の情報です。
詳細は大阪府のホームページでご確認ください。

PAGE TOP