家を購入するとき、まず最初に考えることはやっぱり「価格」です。
自分の持家となって、これから長い間住みつづけるかわりに、購入資金は
住宅ローンで、長ければ35年間支払い続けなければなりません。
後々「買って良かった!」を思える、そんな住宅購入を実現するには
価格を抑えた「優良な中古住宅」を購入することで、将来に経済的な余裕が生まれ、お子様や
ご家族のために使う将来の貯蓄としてお金を蓄えること、それこそが最大のメリットなのです

中古住宅でも自分好みの空間に

デメリットをメリットに変える住宅購入の方法とは?

中古住宅が安く買えることはわかりました。しかしマイホームを持つことは安く買うことだけが目的ではありません。
その後の生活ことやご家族のことを考えて、自分たちが生活しやすい空間を手に入れることが、
家を持つことの一番大切な目的であるはずです。
また中古住宅は経年劣化により修繕が必要になる箇所があります。
購入資金を抑えることでそのリフォーム資金を捻出し新築住宅よりも総額をおさえた住宅の購入方法と言えるでしょう。
必要な部分だけコストをかけていくコストパフォーマンスの高い家の買い方なのです。
安く買うこで中古住宅のデメリットをメリットに変えることにつながっていくのです。

PAGE TOP